一時的に症状が進行する等の注意事項|自律神経失調症を改善

更年期に注意

メディシン

更年期障害は、更年期の40代から50代の方で閉経を挟み約10年間と言われています。最近では、男性の更年期障害や若い方の若年性更年期障害もあります。症状は、汗が沢山出る多汗、寒い時期でも汗がドッと吹き出る症状でびっくりされる方もいます。気分が落ち込み不安になったり、何をしてもイライラしたりと精神的な症状が出ます。体にも変化が生じ、頭痛、吐き気、めまいなどの症状も出ます。最初の頃は、更年期障害とは思わず、病気を疑い病院へ行っても診断が難しく、色々な医療機関を回ることもあります。更年期の年齢になりましたら更年期障害を疑っても良いでしょう。色々な医療機関に行くことすら大変で疲れてしまいます。更年期になって心と体に変化がある場合には、婦人科へ行ってみましょう。

婦人科へ行かれますと女性ホルモンを確認します。ホルモンバランスが乱れると症状が出ます。治療は、薬です。ホルモンバランスを安定されるための薬です。薬を服用することで症状が安定してきます。しかし、薬なので副作用があります。副作用について確認された方が良いでしょう。薬の服用で症状は安定しますが、副作用は、人により違いますが太ってしまう方もいます。薬の他にも対策は、多数ありますので、副作用がひどい方は考えてみることも良いです。漢方薬やサプリメント、環境を変える、気分転換をする、食事療法など自分に合った方法があります。更年期障害は、ある程度時期が過ぎると症状は落ち着いてきます。対策を取りながら様子をみることも良いです。